妊娠したければ体脂肪率に注意

現在、妊活をしている女性の多くが妊娠しやすい身体を目指していると思います。

例えば、体重を適正体重にするというのは、女性がいち早く取り組むことでしょう。

しかし、体脂肪率にまで気を使っている女性は少ないのではないでしょうか。

実は妊娠できるかどうかの鍵を握っているのは、体重よりも体脂肪なのです。

一般的に女性の体脂肪率は20%~25%程度が望ましいとされています。

この数値を下回ってしまうと、まず月経不順が起こり、妊娠しにくくなってしまいます。

さらに、体脂肪率が15%を下回ると生理が完全に止まってしまうのです。

これは体脂肪が減ることで身体が命の危機を感じ、生命を維持するための器官に優先して栄養を送るからとされています。

つまり、体脂肪が低すぎると子宮や卵管には栄養が行かなくなってしまうのです。

これでは当然、妊娠など出来るはずはありません。

この体脂肪率が低すぎて妊娠できないというのは、現在は女子マラソンの選手の間で問題となっています。

マラソン競技で良い成績を残すために体脂肪率を落とした結果、生理が完全に止まってしまい、活躍を終えても生理が来ないために妊娠できない例は珍しくないのです。

もちろん、マラソン選手の人生を批判したいのではありません。

しかし、妊娠を第一に考える女性にとって、体脂肪率が低すぎることがいかに怖いかを実感できる事例だと思います。

妊活に励む女性は、ぜひ自分の体脂肪率を一度計って見ることをおすすめします。

体重よりも体脂肪率に注意することが妊娠への第一歩なのです。

ダイエット時の冷え性を燃焼系サプリで改善出来た

食事量は若い頃の半分ぐらいなんですが、この年齢だとそれでも太って行きます。

40過ぎで体重がとうとう70kg超え(身長は175cm)、腹囲が85cmになり健康診断の時にメタボ判定されダイエットを試みました。 私のダイエット方法は食事制限で、特にサプリとか使ってませんでした。

大体一日1000kcalぐらいを目安にしてたんですが、1週間で1kgずつぐらい減ってたので体重の増減だけで言えば好調でした。

しかし10日目ぐらいから冷え性が気になりだしたんです。 私はどちらかというと食事をするとすぐ体温に反映されるほうで、手の平の温度とかものすごく熱くなってました。

しかし食事制限で摂取カロリーを減らすようになってからそういうのがなくなり、手足の冷えが気にあるようになったんです。
冷え性対策に生姜を使った料理を食べるようにしたりもしました。これは効果があったんですが毎日生姜を使った料理を食べるっていうのも手間ですし味にも飽きてしまいます。

そこで試してみたのが燃焼系ダイエットサプリです。

Lカルニチンやケイシエキスとかがのダイエットに有効な成分が入ってるものですが、これを服用するようになってから食後の体温上昇がダイエット前のようになったんです。

この体温上昇効果のおかげで苦しんでいた冷え性がかなり改善されました。
寝る時に足先が冷えて眠れない時が度々あったんですが、こういうのもほとんどなくなりぐっすり眠れるようになりました。

3ヶ月のダイエットで目標体重の60kgまで落とせましたし、無事成功出来たのはダイエットサプリのおかげだと思ってます。

私のようにダイエット時の冷え性で苦しんでる人は是非燃焼系ダイエットサプリを試してみてください。